オフィシャルブログ

日記

Share on Facebook
LINEで送る

薪ストーブはお昼近くなると快適運転状態になります。

薪が燃えて炎が収まったものを熾(おき)といいます。

消し炭壺の代わりの珈琲豆保存缶に熾を移し、蓋をし空気を遮断すると白炭になります。午後からやってスーパーの袋いっぱいになるほど出来ました。

ホームセンターに豆炭がありましたが、昔のニュースでよく一酸化炭素中毒なんて記事が載っていましたよね。白炭はそれと比べると安全です。

松ぼっくりとか栗毬・竹を穴の開けた密閉ブリキ缶に入れ薪ストーブの中で蒸し焼きすると、そのままの姿で炭に変化します。花炭と言うそうです。DSCN1055 DSCN1054