オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2017年8月

日記

生け垣刈り込みの続きをする。5月のゴールデンウイークにした時は、浅い刈り込みで気付けなかったが、枝の間にすずめクラスの小鳥の巣が隠れていた。1月中旬に降った大雪で傷んだ箇所の回復には2~3年かかりそうです。今日もアゲハ蝶が遊びに来ています。DSCN0340 DSCN0335

日記

野菜畑との区分けでレッドロビンを生け垣にしている。伸びた赤色の新梢を鋏で刈り込む。樹高は管理のしやすさを考えて胸の高さにしていたが、初めてのこぎりを入れて整枝する。DSCN0324 DSCN0323

日記

薄紫色したタピアンの花の蜜を吸いにアゲハが舞っている。花の種類が昔に比べ大分少なくなり、クロアゲハの姿は近年見DSCN0250かけない。

日記

裏の畑を耕運機で除草すると必ず3ヶ所で回転する刃が埋没石にあたる。跳ね返りを防ぐためロータリーを浮かせて避けていた。内1ヶ所をつるはしで大小2個の石を堀上げる。材料が手に入ったのでアプローチ脇の石積をする。DSCN0259 DSCN0257

日記

残暑が盛り返す予報が出たので、トマトのシーズンがもう少し延びそうです。下段の収穫が8割方終え主枝が軽くなったので、ずり卸し仕立て直しする。盆栽の手入れのようでした。DSCN0246

日記

モロコシ立木残骸を畝間に倒し短く刻む。土に軽くすきこめば早く土壌へ還元されるのですが、そのままの方が靴底が汚れずいいかもしれませんね。DSCN0231

日記

柿の枝が実の重さに耐え切れず、折れてしまい後始末をする。将来主幹にと考えていた枝だけに残念です。支柱をしていれば防げたはずです。DSCN0222

日記

ペチュニアが3週間足らずで、結構見られる程花を咲かせている。花殻摘みをまめに行えば晩秋まで長く楽しめそDSCN0221うです。DSCN0218

日記

あの夏の光と影は何処へ行ってしまったか。。。そんな盆入りです。

この夏の異常気象は猛暑と涼しさの両極端で、終わってみれば冷夏だったなんて事になりかねない。DSCN0215

日記

草取りは究極のガーデニングだと自分に言い聞かせ、盆前に敷地周辺の草退治を終える。

一部のナスの木を切り戻しする。新たな枝が出て復活するのが楽しみです。DSCN0182